パッティングとテンポの関係

オデッセイのWhite Hot OG #1は、売り場だと入りまくる。

ウチのEXPUTTでやると、ショートパットを強く打ちすぎてしまう。

新型の『EXPUTT RG』はメトロノームがついており、某ゴルフショップでやらせてもらったら、テンポがバラバラなのに気がついた。

ネットサーフィンして調べるうちに、ゴルフの理想のテンポはBPM60から80であるとされていた。

 

スマホアプリでメトロノームをダウンロードして、BPM80でスタンスを広げずに打ってみた。

靴の幅を振り幅としていたが、安定させるために、マットとフロアの目で引き幅を決めた。

4/4拍子なので、メトロノームの「コツ、コツ」でインパクトすると、距離感も方向もドンピシャだった。

これはブレード型の調整なので、ネオマレット型のHarwoodはもっとゆっくりなのかもしれない。

 

「チャー・シュウ・メ〜ン」ではテンポがわからないが、ビートルズの「Hey, Jude 〜」を口ずさめばBPM76である。

ウォーキング中はBPM80のリズムで歩き、グリーンでは『Hey Jude』のタイミングで打つ。

今まで意識すらしたことがなかったため、この発見をみなさんとシェアしたいのです。