ランニングアプローチ その1

ランニングアプローチは3ウェッジシステムの逆のことをすればいい。

グリップはパターの長さで、パッティングのごとく一定の振り幅でストロークする。

キャリーとランの関係は下図の通り。

 

f:id:hide95152005:20220911091050j:image

 

パッティングの1mストロークとチップのキャリーは同じであると考えてよい。

1mに落とすことができれば、あとはピンまでの距離に応じてクラブを変えていけばいい。

3mストロークの振り幅で15mまでは距離感が合うが、58°のひざ-ひざアプローチが20ヤードなので、20〜30ヤードのアプローチは転がすか上がるかの見極めが重要である。

 

f:id:hide95152005:20220911091054j:image

 

とりあえずPWから7Iまでのシャフトに比率と距離を記したラベルを貼っておいた。

さて自宅で1mに落とす練習をやろう。