KGSゴルフアカデミー 【12 】

ここでアドバイスをもらうのも、今回を入れてあと4回。

4Iや3Wの悩みを打ち明けるのも億劫な苦手なインストラクターだったが、練習したい気持ちが勝り、レッスンを受けてきた。

前回のアドバイスと同じく、振り切れていないことを指摘された。

ティアップして打ったほうがいいですよ、と言われ、素直に振り続けた。

 

4Iはレンジボールで170ヤードを超えるようになり、3Wに至っては200ヤードまで届くようになった。

ティアップしてわかったことは、ボールを後ろから見ることと、スイングを止めないことである。

あと忘れないように書き留めておきたいのは、「マットから打つ場合もティアップしていると思って打つ」ことである。

 

やっぱりクラブは1W→3W→4I→5Iのままで頑張りたい。

5Wは3Wと4Iの中間に位置する難易度の優るクラブで、5Iよりさらなる安定性を求めて4Uを多くのプレイヤーは手にするのだろう。

私は愚直に練習を繰り返して、意のままに長者クラブを操りたい。