TaylorMade STEALTH 5W

ゴルフにのめり込んであっという間に一年が過ぎた。

今冬は冬眠なんかしないと決めたところだ。

二拍子で打ったり、ベン・ホーガン式にボールの位置を前に持ってきたり、また三拍子に戻してみたりと、できないことをできるようにする過程で、ポスチャーやスイングの変化を厭わなくなった。

 

巣籠もり生活の際に手に入れた『サイレントギター』を下取りに出し、その資金で『STEALTH 5W』を特価でビク◯リアさんに譲ってもらった。

頭の中にコト◯キがチラついたが、なんでも買ってくれるカモだと思われたくなかったため、同社に他社の相見積を提示した。

もちろん試打した上で購入を決めたが、このシリーズは私にとってSRフレックスが振りやすく、Sフレックスの試打はちょっと引っ掛かり気味だった。

 

SRフレックス購入後、ガラスコーティングしてもらい、購入後に確かめるかのようにトラックマンで計測してもらった。

レップの方に分析をしていただき、実際のコースにおいて飛距離は210ヤードみておけばいいとお墨付きを得た。

 

おそらく初見やレギュラーコースには4Iの代わりに5Wを使い、河川敷やショートコースでは3Wを抜いて5Wを使う感じだろう。

ChipRを含めた4ウェッジ体制は変わらない。

もし3W、5W、4Iをセッティングに入れるならば、使用頻度の低い9Iか10番(43.5°)を抜くだろう。

将来的にはChipRをセッティングから外せるよう技術を磨きたい。

 

最後のピースがとうとうはまった。

オープンコンペの優勝、シングルへの道、ホームコース所有までの間、心血を注いで手に入れた私の自慢のクラブで頑張りたい。