ステルスF.W.兄弟の台頭

明日、明後日と家族で外出するため、眠い目をこすりながらトーキョージャンボに行ってきた。

フルセットを持って行ったが、結局のところ、1W、3W、5Wを打つことばかりに夢中になった。

レンジボールなので、ジャンボ基準で考えると、係数は1.21程度である。

ドライバーが233ydしか飛ばないのが不満ではあるが、3Wの平均飛距離が230yd、5Wは210ydとなり、期待通りの結果が出た。


f:id:hide95152005:20221217003315j:image

さすがステルスF.W.兄弟と言いたいところだが、3Wと5Wを戦略的に使っていくにあたり、私なりのスイング解釈がある。

3Wはゆっくりとしたテイクバックでいいが、ドライバーばりのトップ位置から一気に振り抜かないと230ydの距離が出せない。

おそらく3Wを操作するためのヘッドスピードが求められているのだろう。

5Wは中井学氏のYouTubeの通り、優しいクラブであり、ハーフスイング、スリークォーターでも200ydを狙えるお助けクラブであることが証明された。

しかもマン振りなら3Wと同じくらいの飛ばすことができる。

 

f:id:hide95152005:20221217003329j:image

f:id:hide95152005:20221217003332j:image

f:id:hide95152005:20221217003347j:image

f:id:hide95152005:20221217003353j:image

 

ステルス兄弟を使いこなすにはもっと練習が必要ではあるが、5Wの台頭により4Iがお蔵行きになりそうだ。