ベスグロのゴルフ

今日の私は本当にラッキーだった。

某河川敷ショートコースのベスグロの方と回れたからだ。

私も参加した第2回STTGコンペのグロスは8位で、30台前半で回る強者たちのプレイを見たかった。

まさかそのチャンスに遭遇するとは思わなかった。

Hさんはとても気さくな方で、話が面白い。

プリンシパルたるゴルファーであった。

体型も私と似ていて、私はずっとスイングを重ねていた。

 

スイングがとてもコンパクトで、迷いがなく、ショートで3回もグリーンに乗せていた。

もちろん1オン時は全てパーである。

パットは職人のように正確で、腕とパターが一体化していた。

またリカバーもとんでもなく上手く、結局私は2ホールしかオナーを奪えなかった。

 

Hさんのアプローチを見て学んだ。

打球が柔らかく、寄せワンは2m以内を体現されていた。

私は自身の4エッジ体制を見直したいと思った。

60°はとてもいい仕事をしたが、1レバーの距離がまだまだ一定ではなかった。

テイクバックでは、Hさんみたいに一旦クラブを止めてから打ちたい。

また、AW、54°、58°を60°同様、クラブの重さで飛距離をオートマチックに打ち分けたい。

 

しかしHさんからオナーを奪えたホールは2つあったし、ティーショットの精度だけなら負けていないと思えたから、寄せワンの技術をとにかく磨きたい。

Hさんのアドバイス通り、明日は友人と行って、緊張感を持ってラウンドしたい。