新3ウェッジシステム

今朝の実戦で60°ウェッジが何度も助けてくれた。

『NS 950GH neo』くらいに適度に重さがあると3ウェッジシステムが生きてくる。

下のチャートはそれぞれのクラブの1レバー、ハーフスイング、スリークォーターの飛距離である。

1レバーの半分の距離はテイクバックで静止して、クラブを自重で下ろした際の目安である。

 

①48° 20/40-60-80yd

②54° 15/30-50-70yd

③60° 10/20-40-60yd

   (60° HS20~40yd)

④ChipR xx-60-110

 

60°のハーフスイングであるが、真ん中を持つと40yd、これでもかというくらい短く持つと、20〜30ydくらいのベタピンアプローチが打てた。

実際、1レバー→静止の方が距離を出しやすいが、グリーン周りは60°とChipRでなんとかなりそうだ。