『SPIDER TOUR BLACK』を手に入れた

これもアウトレットで2万円を買っていたので、散々試打した末に買うことにした。

私の愛機、PINGの『Harwood』に打感以外酷似している。

『Harwood』は4mまでなら楽勝でカップインできるが、ロングは極端に精度が悪くなる。

『SPIDER』は34インチを手にとって試打してみた。

長さが2mしかないので、1回目は9時、6時、3時のところに止めてみた。

2回目は3球とも強く打ってねじ込んだ。

 

購入後、『ハドラス』を別のゴルフショップでやってもらい、ウチでもEXPUTTで試してみたところ、6mでも8mでもバカスカ入った。

ネオマレットの形状ながら、ペンタゴンスタイルでも意のままに操れる。

左足インサイドで左方向にスルーパスを出す感覚に近い。

多少フックはかかっているが、直線上に戻ってくる。

当然足元のボールは見ないで、パスコースだけを見ている。

そう、『SPIDER』は唯一インパクトを見ないでストロークできるパターだった。

本当は頭が動くからティーチングプロ的にはやめてほしいフォームだろう。

見据えるのはボーリングと同じで、数10センチ先のスパッツでいい。

テイクバックの幅は一足あたり3mで距離は合うので、そこまではゆっくり引いてやる。

 

現段階で『NEW PORT II』と『Harwood』のいいとこ取りの『SPIDER TOUR BLACK』だと言える。

次のコンペはこれを投入してみたい。