ティーの高さについて

前述の「左目で球を見る」練習はまずまずうまくいった。

もうできている人ならば、ヘッドアップすることもないだろうし、そのまま打てばいい。

私の場合はダテメガネの片目だけ眼帯を被せ、そのまま振る練習を今週は続けていく。

プレショットルーティーンから素振りに入るまでずっと片目をつむると、両目を開けた時の瞬間的な光量アップが気になってしまう。

たまにパチクリさせながアドレスに入るといいかもしれない。

 

表題の「ティーの高さ」についてだが、私は基本的には34mmでドライバーを打つことにした。

ヘッドはホバリングさせ、フラットに打ちたい。

もちろん「左目」でボールを見て、インパクトでパワーを解放させる。

40mmでは引っかかることもあった。

私のドライバーはふるさと納税でいただいた10.5°の『MAXIMA TYPE-D』で、『D』とはドローバイアスのことである。

私はずっとそれを意識しておらず、クローズドスタンスで、被せ気味にグリップして、左方向(レギュラーだと右)に打ち出して戻りを期待していた。

そりゃ引っ掛けだって、チーピンだって出るわ、と今更ながら納得した。

ドローバイアスが掛かったドライバーは、そのままスクエアのままに打てということだ。

「ひどいスライスにはならない」ドライバーと認識すればいいのだ。

だから女子プロ平均の34mm高のティーをしばらくは使っていく。

インテンショナルスライス(小)は29mm高のティーを試してみたい。

 

やはり日々の練習でも弾道測定器は持っていくつもりだ。

「左目」で見ることに集中すると、首の座りが良く、ボールの行方を追うのが遅くなるからだ。

とにかく感触はいい。

あとはどんな球筋になっているのか機械に解説してもらえばいい。