「アイアンは右目、ウッドは左目」

(以下のブログは右利き用に書いています。)

インパクトまで「アイアンは右目、ウッドは左目」でボールを見るといい。

昨日、片目で打つトレーニングを行ったが、半分に落ちた視力が気になって仕方なかった。

意識はするが、結論としてはインパクトまで頭を突っ込まないのが「左目」でボールを見ることであり、「右目」で視野を補ってやっても全く問題ないのだ。

 

アイアンは「右目」の真下にセットする。

私は被せているため、フックがかかる。

グリーンセンターに打ちたい際は右のカラーに肩と脚を揃え、フェースはセンターに向ける。

もう面倒なので、この法則でいい。

曲がらなかったらグリーンの右側に転がるだけだ。

 

一方、飛ばすクラブは「左目」の延長線上に球を置き、インパクトで右肩が右頬を軽く当たるまで頭を残す。

球筋は「A2」タイプだからストレートかスライスする。

ドローバイアスのドライバーだと、たとえスライスになっても曲がり幅は小さいため、フェースは被さずにそのままホバリングさせる。

フェアウェイウッドもソールした時点で、フェースが開いているため、アップライト気味に振るとスライス、フラット気味に回すとフックする。

この特性をどうすればいいか、プロの意見を聞いてみたい。

 

今月はたくさんレンジで球を叩いた。

来月は球数を絞り、感覚のキープのみに努めたい。