制御可能なフェアウェイウッド

眼帯をしてスイングするのはストレスが溜まるから、もうお終いにする。

インパクトまで顔を動かさないようにすればいいだけだ。

それを意識するために「左目で球を見る」方法があるのだと。

 

顔を残すことで力強いインパクトを迎えることができた。

しかし私のスイングの最下点は体の中心よりやや後方であり、前腕の脇の下の球が打てそうにない。

ナイスショットできる自信がない位置なのだ。

おそらく後方だとソールした際にフェースが開きすぎるのが怖いのだ。

 

結局15度のロフトを17度まで寝かせてフェースを閉じさせた。

また19度のロフトを同様に21度まで寝かせると、ほぼ真ん中にソールすることができた。

偽4Wと7Wにロフト角を変更したフェアウェイウッドなら制御可能である。

 

私は3Wを扱える技術がなく、4Wからならそこそこ使うことができる。

カチャカチャの特性からロフト角をプラスしていくと、フェースは少しずつクローズしていく。

だから15°→17°に変更することにより、センターでスクエアに構えることができる。

さらに顔を残して、横を向いて打つと力強いフックボールになる。

フェースを被せていないため、芝に刺さる感じではなく、滑っていく感じだ。

素振りの際に、サーフェス接触すれば、必ずナイスショットできる自信がある。

 

f:id:hide95152005:20230124233749j:image

 

以上が私にとってできることの総計であり、できないことや少しできそうなことは一切やらないことにする。

短めのPar5も2オンは狙わず、残り100ヤードで確実にグリーンに乗せる。

だからロングボールの半分をバーディーが取れるようゲームを作りたい。

残るは、制御できるドライバーについて考察し、できることを実践していきたい。